Event is FINISHED

京都伝統工芸研究所展 特別講演会「建築と伝統工芸の未来 - 漆蒔絵研究から生まれた建築素材 -」

Description

京都伝統工芸研究所展 特別講演会

「建築と伝統工芸の未来ー漆蒔絵研究から生まれた建築素材」


■日時

2017 年 3 月 14 日(火) 19:00 開演 (20:15 終演予定)

■講師

下出祐太郎(京蒔絵師、博士(学術)、下出蒔絵司所 3 代目)

■定員

50 名(先着順)

■入場料

無料


下出 祐太郎

http://shimodeyutaro.com/

下出蒔絵司所三代目
1955年京都市生まれ。博士(学術)・伝統工芸士

即位礼や大嘗祭の神祇調度蒔絵や、
第61・62回伊勢神宮式年遷宮御神宝蒔絵を手がける。
京都迎賓館では水明の間の飾り台「悠久のささやき」等を制作。
第14回~第37回日展24回連続入選 以後フリーで活動。
京都市芸術新人賞等受賞多数
京都産業大学文化学部京都文化学科 教授
外務省日本ブランド発信事業によりヨーロッパ3国で講演及び実演
後継者育成に力を注ぐ一方、漆芸の研究、漆や文学の講演、
執筆活動にも取り組む。



京都伝統工芸協議会とは

http://www.kougei-kyoto.jp/

京都の伝統工芸 23 業種 31 団体によって構成されており、京都伝統工芸の振興発展のため、各種研修会・講習会等の開催、伝統 工芸普及活動、特に消費者への啓発と需要開拓に注力しています。


【京都伝統工芸研究所展】


■会期

2017 年 3 月 14 日(火)~3 月 19 日(日)11:00~20:00 (最終日は 17:00 まで)

■会場

Architecture Model Workshop(建築模型工房)

http://ahtamw.com

(東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫本社ビル 1F)

■出展社

五明金箔工芸、うのはら、芸艸堂、川人象嵌、洪春陶苑、佐藤喜代松商店、下出蒔絵司所、中嶋象嵌、中村 ローソク、七彩工房、ヒロミアート、メルクロス

■主催

京都伝統工芸協議会

■協力

NPO 法人京都伝統工芸情報センター・建築倉庫ミュージアム・アミューズミュージアム


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#230473 2017-03-04 08:15:17
More updates
Tue Mar 14, 2017
7:00 PM - 8:20 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
建築倉庫ミュージアム入場券付 FULL
Venue Address
東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫本社ビル Japan
Directions
東京モノレール「天王洲アイル」駅から徒歩5分
Organizer
建築倉庫ミュージアム
6,878 Followers